ホーム > 診療科・部門紹介 > リハビリテーション室

リハビリテーション室

理学療法とは

身体に障害のある人に対し、基本的動作能力の回復や維持、および障害悪化の防止の為に医師の指示の基に運動療法・物理療法・日常生活動作訓練・義肢装具装着訓練などの方法を用いて行われる治療です。

運動療法

各種の疾病や外傷による身体機能の低下に対して、それを回復、維持したり、また損傷していない機能による代償能力を高めることを目的に、筋力増強訓練、関節可動域訓練、神経生理学的治療訓練、呼吸訓練、各種の治療体操や運動指導を行うことにより、治療効果を導く方法です。

物理療法

電気刺激、温熱、寒冷、光線等の各種の物理的エネルギーを用いて、身体生理的機能の改善をはかることを目的とした治療法です。

日常生活動作訓練

日常生活の中の、座る、立つ、歩くといった起居・移動動作やトイレや車椅子への移乗、入浴などの身の回り動作訓練を行うことにより、基本動作能力の改善をはかり、容易に家庭生活に順応できるようにします。
ほかに、義手・義足や装具、車椅子、杖などの各種の補装具を用いて訓練を行い、能力の改善をはかります。

作業療法とは

病気や事故などにより障害をもった方が、その人らしい生活を送るために、作業活動(手芸・ちぎり絵・和紙細工等)を用いて身体機能の回復・維持を促す治療援助を行います。
また、障害があっても残された機能を最大限に活用し、身の回り動作(食事・更衣・排泄・入浴等)や家事動作、職業への復帰を目標とした訓練を行います。

身体機能訓練

作業活動を通じて、筋力や関節の動き、手指の細かな動き、全身の持久力を付ける訓練を行います。また怪我や障害などにより、その部位に固定や治療の為に装具を作製します。

日常生活動作訓練

食事・更衣・排泄・入浴などの身辺動作や家事動作(調理・掃除・洗濯等)について、対象者にあった適切な方法を練習します。また、残された機能だけでは出来ない動作があるときには、出来るようにする為の自助具(道具)も製作します。

社会復帰に向けた訓練

自宅退院に向けて、家屋改造や福祉機器についてのアドバイスを行います。また、職業復帰や就職に向けて、身体機能・作業能力・移動能力・コミュケーション能力などの訓練を行います。

発達相談

発達障害のお子さんのリハビリ療法を行っています。
お子さんの発育発達に不安のある方、身近な人(園の先生や、お祖父さんお祖母さん等)から指摘を受けたがどうしてよいかお悩みの方々の相談をお受け致します。
その上で、必要に応じてリハビリをお勧めしています。
リハビリを通してお子さんの健やかな成長を促すお手伝いが出来るよう支援させていただきます。