ホーム > 川口正展のなるほどザ・メディスン > chap.020 1錠 8万円の薬

  • 救急の場合
  • 診療時間
  • 面会時間
  • 人間ドック
  • フロアマップ
  • 川口正展のなるほどザ・メディスン
  • Dr.ブログ

chap.020 1錠 8万円の薬

2015/12/18

C型慢性肝炎治療の 新薬です

舌を咬みそうな その名前は レジパスビル / ソホスブビル (製品名 : ハーボニー配合錠)
「ギリアド・サイエンシズ」 という 創薬メーカーの開発によります

C型慢性肝炎の治療には

従来 インターフェロン製剤と 抗ウイルス薬の 併用療法が使われてきましたが、効かない人も多く、治療をあきらめ、C型慢性肝炎→ 肝硬変→ 肝細胞癌 という経過を辿る人もいるのが現状でした



2015年 5月に、新規抗C型肝炎ウイルス、 ソホスブビル (ソバルディ) が発売されましたが、 これは インターフェロン製剤を 併用する必要がないという画期的なものでした

この ソホスブビルと 新規抗C型慢性肝炎ウイルス薬である レジパスビルを組み合わせたものが、ハーボニー配合薬で、 2015年 9月 1日に、 1錠 8万 171円で 発売されました

本薬は

日本人に多いとされ 従来の インターフェロンと リバビリン併用療法が 比較的効きにくいとされる 「 セログループ I 」 の C型慢性肝炎に対して用います

1日 1錠を 12週間服用することによって

C型肝炎ウイルスを 100%駆逐できるという臨床試験結果が出ている、大いに期待できる薬剤です

80171円X 84日= 673万4364円は いかにも破格ですが

この薬の登場によって 日本から C型慢性肝炎が 駆逐される日が来るとすれば、大変喜ばしいことであります

 |